投資とは?

投資とは?

投資とギャンブルの違いが良くわかりません。

 

 

そこでもう少し詳しく投資とギャンブルについて考えてみたいと思います。

 

 

 

そもそも投資とは、
利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。

 

 

転じて、その将来を見込んで、金銭や力をつぎ込むこと。とありました。

 

 

しかし、どのような形態の投資でも、不確実性というリスクが伴うことは間違いがありません。

 

 

一般に期待収益率(利益・リターン)が高くなればなるほど、リスクも高まりとされています。

 

 

そのリスクを軽減させるために様々な手段が講じられます。

 

 

たとえば株式投資における発行企業についていろいろ調査をしたりします。

 

それは、一定期間の収益や費用を表した一覧表の損益計算書や、
証券会社が発行する格付けなどを使って行います。

 

 

またその企業に悪い噂はないかも調べたりしますが、その作業は大変な努力ということができます。

 

 

その他に投資でリスクを軽減させるために必要な投資手法として分散投資を行いますが、
この分散投資にしても分散させる対象は様々あり、

 

それは地域や商品、通貨、時間などで、
分散させる場合に、似たような性質をもつ投資対象に投資した場合には、
いくら分散させてもその効果はあまり得られません。

 

 

たとえば株式投資において、輸入関連の企業ばかりに投資すると、
為替相場で円安に動いた場合に仕入価格が値上がりしてしまい、全ての投資対象企業の業績が悪化してしまう可能性があります。

 

 

この場合には、輸出関連企業の株に分散させることで、
円安になった場合には、輸出商品の価格が下がり、売りやすくなることで業績が上がることが期待できることから、
輸入関連企業でのリスクを軽減させることにつながるのです。

 

そして、
それらを組み合わせるのも大変な作業ということができます。

 

 

これらの努力を怠って投資をすることは、リスクはあ高くなるどころか、
ほとんど運任せになってしまい、利益を得られることはあまり期待できません。

 

 

 

また、いずれの投資にしても、毎日の値動きや動向に対しては、絶えず気にしていなければなりません。

 

投資のほとんどは、安い時に買って、高くなったら売るのが基本です。

 

特に短期的に投資するスキャルピングやデイトレードでは、投資対象から目が離せないということも起こり得ます。

 

 

もっとも投資の種類によっては、長期間の保有で得られる利益もありますが、
それにしても値動きには注意をしている必要があります。

 

 

このように投資においては、様々な努力が必要になってくることは間違いありません。